インプラントとは

インプラントの発見と生体親和性

インプラントの意味

インプラントの意味

インプラントってどういう意味ですか?と、よく聞かれます。「implant(インプラント)」には、「埋め込む」という意味があり、歯科で使用するインプラントも、文字通り「人工歯根を埋め込む」治療方法です。
現代の「インプラント」という治療方法を最初に確立したのは、スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士。1952年、ブローネマルク博士は、血液循環の研究でウサギの足の骨にチタン製の生体顕微鏡を埋め込みました。数ヶ月後、研究を終えてチタンを取り出そうとしたら、骨と結合して取りはずせなくなっていたのです。
これに興味を持ったブローネマルク博士は、研究を重ね、チタンが骨組織と結合する過程を明らかにしました。これを、「オッセオインテグレーション(=骨結合)」と命名。現在のインプラント治療の幕開けとなったのです。

インプラントの意味

そんな偶然の産物ともいえるインプラント。以来、インプラントメーカーでは、より早く、より確実に骨と結合するインプラントの研究に試行錯誤を重ね、現在ではほぼ100%に近い確率で骨結合の成功を実現しています。
「金属であるチタンは、本当に体に悪くないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ご安心ください。日本金属アレルギー学会では、チタンの人体に対する安全性を認めています。そんなチタンを素材としたインプラント。今では、乳歯、永久歯に続く「第3の歯」と呼ばれるほどの高い地位を築いています。
インプラント手術が、はじめて人体に適用されてから、なんと40年以上。現在も当時のインプラントは問題なく機能し続けています。その結果からもインプラントの高い安全性がうかがえますね。

インプラントの3つの特徴

装着性の高さと快適性

装着性の高さと快適性

インプラントは人工歯根と顎の骨とがしっかりと固定されるので、機能的にはご自分の歯と何ら変わりはありません。また、年数が経ったからといってぐらついたり、ゆるんだり、はずれたりすることもないのです。顎がやせることがないので、咬み合わせも安定します。
さらに、硬いものでも昔のようにふつうに噛めます。食事を存分に楽しめるって、すばらしいことだと思いませんか?

自然な仕上がりと最高の審美性

自然な仕上がりと最高の審美性

“審美性”というものは、歯の補綴方法を選択するうえでとても重要なポイントです。

人工歯根を歯ぐきの中に埋め込むインプラントは、外側からは見えません。また、その上に取り付ける人工歯は、ご自分の歯と見比べてもわからないほど審美性の高い素材を使用するため、美しく自然な仕上がりが実現します。
これが入れ歯なら、歯を支える金属が目立ったり、周囲の歯と比べて不自然だったりと、どうしても違和感が拭えません。ほかの補綴方法と比べても、インプラントの審美性は非常に高いといえるでしょう。

顎の骨の吸収を防げる

顎の骨の吸収を防げる

歯と顎の骨の関係は密接です。入れ歯を長く使い続けたり、歯が抜けたまま放置したりしていると、顎の骨は徐々に吸収されていきます。さらに吸収がすすむと、ほとんどなくなってしまうのです。そればかりか、しわができて老けた顔立ちに見えるという悲しい結果に……。
インプラントなら、咀嚼力が直接顎の骨に伝わります。この刺激が顎の骨の吸収を防ぐので、顎がやせることはなく、健康で若々しい顔立ちをキープできます。

インプラント治療の流れ

1 歯を失ってしまった部分の顎の骨に、インプラントを埋め込むための溝を空けます。
2 溝にインプラントを埋め込みます。埋め込んだ後は、顎の骨とインプラントがしっかり結合するまで数ヶ月間待ちます。
3 顎の骨とインプラントがしっかり結合したら、インプラントと人工歯との接続部(アバットメント)を取り付けます。
4 人工歯を装着して完了です。
5 その後、長期間使用していただくために、メンテンスをおすすめします。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

ホームページトップへ

インプラントナビ

インプラント治療専門サイト

デンタルクレジットのデントキュア デンタルクレジットによるデンタルローンが可能です。

Implant_Japan