入れ歯でお困りの方へ

入れ歯を使用中の方へ

こんなことありませんか?

歯ぐきが痛い

歯ぐきが痛い

入れ歯が合わず、外れやすくなっているのではないでしょうか? 顎は徐々にやせていくため、歯を失ってからの入れ歯はサイズが合わなくなってきます。いずれはつくり直しが必要なのですが、もしかしたらその時期なのかもしれません。

虫歯になりやすくなった

クラスプ(金属製のバネ)をかけている歯が傷付くと、虫歯になりやすくなります。入れ歯の着脱によってエナメル質が削られていませんか?

長年使っていたら周りの歯まで抜けた

残っている周りの歯を利用する部分入れ歯。それらの歯に予想以上の負担がかかっていたのかもしれません。

思いっきり笑えない

大きく口をあけて話したり、笑ったり、歌ったりすることは、入れ歯の見栄えが気になると抵抗を感じることもあるでしょう。

口臭が気になる

こまめに掃除をしていないとすぐに汚れるので、口臭の原因になってしまいます。

特長と注意点

歯を失った場合の補綴方法としてもっとも一般的なのが「入れ歯」です。
1本から複数本までの歯の欠損に対応するのが「部分入れ歯」、すべての歯が欠損した場合に用いるのが「総入れ歯」です。

入れ歯の特長は、「費用が安い」「取り外し自由」であること。
その反面、噛む力の弱さ、口臭、違和感、発音や審美性の悪さ、手入れの面倒さ、食事の際の不満……これらの難点を指摘する方も多くいます。
しかし最近では、それらの多くをカバーする自費負担の入れ歯も多く出回っているので、一概に入れ歯が悪いとはいえません。
注意点をよく知って、便利で使いやすい入れ歯の特長を活かしてください。

入れ歯の注意点

部分入れ歯は隣り合う健康な歯に、金属製のクラスプというバネを引っかけて使います。長く使っていると、そのクラスプが健康な歯のエナメル質を傷付けてしまいます。歯を守る役目を果たすエナメル質が削られると虫歯になりやすくなるのです。
また、支えになる健康な歯にかかる負担や、たび重なる脱着は、ぐらつきが起こる原因。その重圧に耐えきれず健康な歯も失うことさえあります。
さらに総入れ歯は長年使うと、顎がやせたり、咬み合わせが変わったりして、徐々に合わなくなってきます。外れやすくなると、食べかすが入れ歯と歯ぐきの間に挟まり、痛みも出ます。数年ごとのつくり替えが必要になるでしょう。

ブリッジを使用中の方へ

こんなことありませんか?

ブリッジをしていた歯が虫歯や歯周病になってしまった

ブリッジをしていた歯が虫歯や歯周病になってしまった

健康な歯をわざわざ削らなくてはならないブリッジ。支えとなる歯が病気になると治療が困難になり、治療ができないことも。

ブリッジが取れてしまった

あなたに合わない補綴方法なのかもしれません。また、同じ方法で再治療することは歯にとっても良くありませんし、不経済とも考えられます。

もともと周りの歯を削ることに抵抗があった

さきほども述べたように、ブリッジは支えとなる健康な歯を削らなくてはなりません。周りの健康な歯を削るなんて確かに良くないですよね。

削った歯がもともと虫歯だった……

やむを得ずその削った歯も、虫歯だった。それではまた虫歯が再発してしまうかもしれません。さらにブリッジする範囲を広げることになるかもしれませんよ!

寿命が10年といわれている

そのさきはどうなるのか、もっと歯を失うことになるのではないのか?と不安になりますね。ブリッジを使い続けるには限界があるのなら、早いうちに手を打ったほうが得策かもしれません。

特長と注意点

ブリッジは、失った歯の両隣にある健康な歯を削り、人工の歯を橋渡しのようにしてかぶせる補綴方法です。すでにお気付きかもしれませんが、健康な歯を削るということは、象牙質を守る硬いエナメル質を削り取ってしまうことになり、虫歯のリスクが付きまといます。
ただ、入れ歯と比較しても審美性が高く、違和感の少ない手軽な方法として、ブリッジは人気があります。

ブリッジの注意点

ブリッジと本物の歯の境目はプラークがたまりやすく、虫歯や歯周病にかかりやすいといわれています。また、エナメル質を削ることであらわれた象牙質は、虫歯に感染しやすいため注意が必要です。
一度虫歯や歯周病にかかると治療が難しく、さらにブリッジの範囲を広げるか、別の補綴方法を考えなければなりません。また、支えとなる歯に一挙に噛む力がかかります。長く使うことによってその支えとなる歯も不安定になってきます。
見た目が良く短期間で機能を回復できるブリッジは、一時的に機能を回復するには適しています。しかし長期的にみると、残された歯に大きなリスクが伴う不安が残ります。

ホームページトップへ

インプラントナビ

インプラント治療専門サイト

デンタルクレジットのデントキュア デンタルクレジットによるデンタルローンが可能です。

Implant_Japan